法律の専門家に相談をすれば、返済プランの立案や、業者に対する説明や交渉も任せられます。

個人再生

 

個人再生で支払いを続けている住宅

 

個人再生とは、住宅ローンを除く5000万円未満の借金を5分の1に縮小できるという、借金を多く抱えた人にとっては大変ありがたい借金返済の手段となります。

 

最も大きなメリットとしては住宅ローンの支払いは行えるので、住宅を持っており、現在支払いを行っている人も、住宅を没収されずにそのままの生活を送ることができるという点です。

 

住宅ローンに付随する法律では、個人再生から範疇外となるように規定されているのでこのようなローンの維持が可能なのです。

 

自己破産の場合は借金が免除されるものの、自分の財産もほとんど没収されることになるので住宅も手放す必要があり、破産前の生活とはかけ離れたものになってしまいます。

 

家族がいて生活を維持していきたいと考えるのならば、借金も大幅に減ってかつ住宅も維持できるこの方法を取るのが良いでしょう。

 

ただし、いくつかデメリットも有ります。

 

まず定収入があり返済能力があること、そして裁判所が介在するので個人再生が認定されるまでには多少の時間がかかります

 

また裁判所に提出する書類などを個人制作することは困難なので、法律の専門家の力を借りる必要があるということです。

 

また官報にも掲載され、一定期間借金ができません

 

ただし法律の専門家に相談をすれば、返済プランの立案を無理なく行うことができますし、個人では心理的な負担も大きくなる借金をした業者に対する説明や交渉も全て任せられます。

 

精神的な安定を得られるので自分は借金を返済するための仕事に集中できるので、一定期間で借金を清算し、きちんとした生活を行っていきたいと考えるのならば個人再生を専門家に相談するのが最も適しているといえるでしょう。

 

任意整理についてはこちら