一筋縄ではできない生活再建は家計再建の相談窓口を利用しましょう。

家計再建の相談

生活再建は一筋縄では出来ません。

 

家計のマネジメント能力を引き出すために、当面の3ヶ月の生活費の見つめ直しの作業を提案しています。

 

 

目標として次のようなステップワークを推奨しています。

 

ステップ1

ひと月いくらで生活していけるか大まかに確認してもらいます。

 

始めから家計簿や出納帳に記入するのではなく、

  • レシートを集める・
  • スケジュール帳に支出のメモをする、
  • 携帯電話にメモをする

など、自分が実行しやすく、無理のない範囲で初めて見るのがいいでしょう。
一月分がまとまったら、簡単な費目分類による家計シートに書き出して整理してみるのが望ましいでしょう。

 

 

ステップ2

問題点を探し出してみます。

 

一か月の生活費が把握できたら、どこにどのような問題点があるか考えてみます。

 

例えば、
収入より支出が多い事に気づくその場合、支出を減らす必要を感じとり、節約の方法を考え、支出の優先順位を考えます。

 

一方で収入を増やす方法を考えます。
家族の協力がない場合には、家計シートを見せて一緒に考えます。

 

食費の比重が多い場合には、外食の多さが原因かどうかを検討します。
居住費が高い場合には、公営住宅への転居なども検討してみます。

 

保険に加入しすぎていませんか。
自動車はどうしても必要なのかを考えます。
子供の教育費を検証し、奨学金や授業料の減免なども検討してみます。

 

 

 

2か月目(ステップ3・ステップ4)では問題点を意識して生活をすることを心がけ、実行してみる事が目標になります。

 

 

ステップ3

予算を立てて実行してみる事を勧めています。

 

ステップ2で確認した自らの家計の問題点を改善し、ひと月の予算を考えてみます。
医療費など不定期の支出に備えて、予備費なども立ててみる。

 

少額でも、継続できる金額の定期的な積み立てを検討する。

 

 

ステップ4

予想通りにできたかを振り返ります。
予算通りに出来なかった場合は2つの原因が考えられます。

 

  • ひとつは、予算に無理があったり不意の出費に対応できなかった場合で、この場合は予算を見直しすることになります。
  • もうひとつは、衝動買いなど自信をコントロールできなかった場合です。その場合は反省点や改善点を確認する事になります。

 

 

3ヶ月目では修正した予算に従った生活をする事が必要となります

 

 

ステップ5

予算を修正し、実行して、その行動の振り返りを行うことで自信が持てるようになってきます。

 

こうして4ヶ月目以降は
「予算→実行→振り返り」の修正ステップ
を繰り返していくことで、より健全な家計運営が身に付き、多重債務問題から徐々に解決の方向が見えてくることになります。

 

 

>>プロに相談した際の費用はどれくらい?