むやみな買い物を繰り返すと借金問題につながります。

事例5・買い物の果てに…

27歳のOL、月20万円の収入で暮らしています。

 

買い物依存

彼女はショッピングが大好きで、よく買い物をします。

給料内の買い物だけでは収まらず、お金が足りなくなるとクレジットカードで買い物。

 

クレジットカードの限度額でも足りず、ついに貸金業者からも借りるようになったのです。
お金をポンポン貸してくれることに甘えて、バンバン買い物をしていました。

 

その時は返済の事も甘く考えていました。
今思えばバカな事をしたなって思いますが、その時は欲しい物が手に入った充実感で罪悪感がなかったのです。

 

 

 

しかし、もちろん借りたら返さなければいけません。
私の毎月の返済額は15万円を超えました。

 

 

20万円の給料で、家賃や生活費考えるとどうやっても支払が出来ずにまた借入をする…
借金の事を考えるとストレスが溜まりまた買い物をしてしまう…
そんな悪循環でした。

 

そして気付いたら借金額が約300万円になっていました。

 

一体どうやったらこんな額になるのか…
自分でも不思議なくらい借金が膨れ上がっていたのです。

 

 

 

これは自分の力ではどうする事も出来ないと思い相談しにいきました。
弁護士事務所に一人でいくのは怖いし、全部を話すのも恥ずかしいし、凄く迷いました。
でも今は行って本当によかったと思います。

 

相談した結果、借金が3分の1に減り、月々の返済も給料の範囲内で返済できる額になったのです。
一時はもうどうにもならないと思っていましたが、今回の件で、やはり専門家に相談するべきだなと改めて思いました!

 

 

>>事例その4・ギャンブルに溺れた青年のお話