専門家に自己破産を依頼した時点で、貸金業者からの借金返済の取り立てがストップされます。

自己破産

 

自己破産のイメージ画像

 

自己破産は、すべての借金を生産し、返済が免除されることになる、個人の借金の救済手段となります。

 

すべての借金がなくなり、それらのしがらみや負債から開放されるので、あまりにも多額の借金を抱えた人にとっては大変ありがたいものといえるでしょう。

 

しかし貸金業者からしてみれば、貸したお金が返ってこなくなるので、簡単に認められるものではありません。

 

裁判所に自己破産の申立を行い、返済能力がない人間である、個人で返済できないほどの負債であるといった免責の認定を受ける必要があります。

 

そのためには個人でその法律的な手続きを行うことが難しく司法書士などの専門家に自己破産手続きの依頼を行うことになるでしょう。

 

専門家に自己破産の相談を行えば、その時点で貸金業者などに借金返済の取り立てストップ申請をしてもらえます。

 

また法律により、借金が全て免除されるという、絶大な効力を持つ代わりに借金をした当事者にも多くのデメリットがあります

 

まず現状の個人の財産を処分することで、一部の借金の返済に当てていくので財産の大半を没取されることになります。

 

住宅ローンを抱えていてもそれを精算するので家を手放さなくてはいけません。

 

現金も20万円未満までしか一時的に持てなくなります。

 

更に裁判所が発行する官報に、自分が自己破産したことが掲載されるので7年などの長い間ブラックリストに掲載され借金が自由にできなくなってしまいます。

 

ただしこの点に関して言えば、借金が強制的に不可になるので、身の丈にあった生活が送れるようになるともいえます。

 

ただしギャンブルでの借金は残ります

 

また借金の保証人になっていなければ、家族に影響が及ぶことはありませんので、家族の生活を守りたいという人にも向いているでしょう。

 

いずれにせよ効力が大変大きい代わりに、本当に最後の最後とも言える借金のからの再生手段です。
その申請の有無は慎重に決定しましょう。

 

個人再生についてはこちら